飲みすぎ注意

こんにちは。ぬっこです。

 

今日はメンタルの話。

双極性障害の薬は一生涯飲み続けるものである。メンタルの薬なんて飲まない方がいいよ、と断薬を勧める人もいるけれど、わたしの病気は、薬でコントロールして寛解状態にし、それを長続きさせることが目標。完治することは基本的にないんじゃないだろうか。とにもかくにも付き合っていくしかない。

 

ちなみに薬を飲まないと大概は再発し、良くない状態に陥ることが多い。人によっては躁状態になり、尊大に振舞ったり暴力的になったりする事もあるらしいけれど、私の場合は躁状態になる事は当初からないに等しいばかりかその逆で、大きく鬱に傾いて何もかもやる気を失いしまいには寝込んでしまう。

 

ちなみに、その薬。重い副作用を伴う場合があるため服薬管理は必須である。(どんな薬であれ服薬管理は必須だけれども)飲み忘れてしまっても、間違えて2度飲んでしまってもいけない。

 

先日、珍しく深酒をしてしまい、帰って薬を飲んだ直後に嘔吐してしまった。多分だが、摂取されるべき薬の効果は半減したか失われたのだと思う。飲み過ぎの二日酔い以上に、酷い頭痛と吐き気に襲われて酷い目にあった。多分薬の離脱症状だ。

 

大抵そういう時、その日の分の薬を飲めばピタリと収まる。だから、普段寝る前に飲む薬を前倒しして夕方に飲んだ。案の定ひどい頭痛は和らいだので離脱症状だったらしい。

 

ただこの後に事件が起きた。

 

普段は毎晩寝る前に薬を飲んで寝るのだけれど、習慣というのは恐ろしいもので、無意識に用意して飲み込んで…そして気がついた。

 

夕方飲んだじゃん!飲みすぎた!

吐き出そうにももう既に胃の中。

 

副作用が出たらどうしよう…とりあえず、飲んだ日時と飲んだ薬と量をメモ。なにかあったら、救急車を呼んで、病名とこのメモを救急隊に渡すよう旦那はんに託す。

 

重大副作用リスクとして挙げられているのがスティーブンス・ジョンソン症候群。高熱と皮膚症状を伴い、早い処置がないと死に至る恐ろしい症状のものだ。

 

調べたら、胃洗浄の上入院だなんて恐ろしいワードも飛び出した。うわぁ。どうしよう。

 

でも、結果的に大きな副作用起きなかった。

ちょっとフワフワ目眩がして、抗うつ薬を倍量飲んだことでちょっとだけわちゃわちゃし、そして、わちゃわちゃした反動で半日寝込んだぐらいだ(こう書くとそこそこの副作用だけれど、常人以上飲んだんだから致し方ない。)

 

ちなみに私。お酒は好きな方だけど、外飲みが好きなので実は家では殆ど飲まない。ただ、居酒屋や立ち飲み屋の雰囲気や誰かと話したりするが好きなのだ。

 

アルコールとメンタルの病気は相性が良くないので、お酒を飲むのは良くないんだけどね。(今回みたいなリスクもあるし)

 

結果的にひどい副作用は起きなかったとはいえ、今回の出来事を教訓に服薬管理、本当に気をつけなければと思う。もちろんお酒の飲みすぎにも。


f:id:straynukko:20190925155740j:image